VOICE受講生の声

LEADERS PROJECT 受講生の声VOICE of LEADERS-PROJECT

50代公務員男性

  • Q1何故リーダー育成プログラムを受講しようと思いましたか?
    まずは、これまでのサラリーマン人生を振り返って、このまま現状に甘んじて終わって良いのか、社会に対して自分なりに納得できる貢献ができたか、今現在の仕事に満足できているのか、就職後、30年近く経過し、自分なりに仕事をしてそれなりの立場になったところではあるが、改めてこのような自問自答を繰り返してきた。
    そのような中、このリーダー育成プログラムに参加することで、後継者として経営者への道が開かれることを知った。最終的に自分でどう感じ判断するかは分からないものの、このチャンスを逃しては、何も始まらず、何も変わらないと思い受講することとした。
  • Q2プログラムを受講して思考や行動がどのように変化しましたか?
    まだ、全プログラムを終了した訳ではないが、これまでのプログラムではリーダーとして発揮すべき思考、行動特性(コンピテンシー)やリーダーシップがどういうものなのかを学んだ。リーダーシップとは、人を通して課題を解決する力であり、リーダーシップを発揮するためにコンピテンシーを培う必要がある。個人的には、情報把握を的確かつ迅速に行い、問題の本質を見抜く力であったり、自分の弱みを素直に認めその状況を開示して相手から支援を受ける能力などのコンピテンシーをもっと身につける必要があると感じている。
  • Q3後継者経営についてどのように思いますか?
    既に経営基盤が整った会社を引き継ぐという点では、起業と比較した場合はそこまでに至る苦労はないが、既にあるものを引き継ぎ発展させるという点では、その醍醐味とともに苦労もあるだろうと考える。これまで築き上げられた会社の風土や文化、また生み出されている価値をいかに引き継ぎ、またいかに変革するのか、経営者、社員とともに考えていく必要がある。後継者がいなければ、経営者は自社をどうするのか、従業員をどうするのか、大変難しい選択を余儀なくされる。そういう意味において、後継者はなくてはならない存在であり、経営者と後継者が価値を共有し、皆が幸せとなる事業承継が望まれる。

50代会社員男性

  • Q1何故リーダー育成プログラムを受講しようと思いましたか?
    同僚から案内していただいた中での言葉「人生の選択肢は多いほうが良い」一言です。
    自分自身が経営者になれるかも?というチャンスでもあると思ったことや仕事柄多くの経営者にお会いする機会が多く経営や後継者のことなどこのプログラムを通して今の仕事にも役立つのではと思ったことです。
  • Q2プログラムを受講して思考や行動がどのように変化しましたか?
    自分の固定概念をいったん崩し受講しています。日々の中でコンピテンシーを意識することで少しいままでとは違った行動ができている様な気がします。
  • Q3後継者経営についてどのように思いますか?
    事業が未来につながる事業であれば「必ずその事業を引き継ぎたい!」「引き継がなければ!」という思いの者が出てくると考えています。後継者の心構え姿勢がその事業の生死をわけるかな?とも思います。

40代会社員男性

  • Q1何故リーダー育成プログラムを受講しようと思いましたか?
    後継者不在企業とのマッチングに伴い、単純に後継者育成をどの様に行っていくのか?そして、後継者不在企業がどの様な問題を抱えて、現在の会社や従業員に対してどの様な思いがあるのか?自分自身、興味があり、学ぶために受講致しました。
  • Q2プログラムを受講して思考や行動がどのように変化しましたか?
    (心)決意と覚悟(技)ビジネス知識(体)思考・行動の基本構造を学び、まず今現在の仕事に当てはめて、それぞれのレベルを上げなきゃいけないと意識するようになりました。もちろん意識するだけではなく、実際に色々な勉強会や研修会等に積極的に参加するようになりました。
  • Q3後継者経営についてどのように思いますか?
    事業承継は企業にとっての新たな成長のチャンスであり、ビジネスチャンスの拡大であると思う。
    事業承継を単なる経営権の承継だと捉えることなく会社を新たなステージに押し上げる変革だと考えるべきだと思う。
    経営者としての決断力や、未来を予想する判断が不可欠。組織の体制や技術力、企業理念を理解し承継しなければならない。

30代会社役員男性

  • Q1何故リーダー育成プログラムを受講しようと思いましたか?
    現在経営をしていますが、全然結果が出なく一人色々と考えている時に知人に相談したところこのプログラムを受けてみないかと言われたのがきっかけで受講しました。知人の紹介という事で特に嫌だと思ったことはありません。むしろ良いプログラムだと思って受講しました。
  • Q2プログラムを受講して思考や行動がどのように変化しましたか?
    特に財務関係で、今までは数字、経営者として数字に甘かった部分を詳しく教えていただいたと思う。プログラムに出てくる4つの基本部分を特に意識するようになれた。行動としては数字、経営として実践で利益が少しずつ伸びてきているので受講してよかったと思う。
  • Q3後継者経営についてどのように思いますか?
    まず後継者不足で年間多数の会社が倒産していることに驚いた。人手不足、高齢化社会がどんどん近づいてきているのを体感した中で倒産しなくていい会社(後継者がいて)なのであれば、後継者経営はプラスだと思うのでこのシステムを広めていって欲しいと思う。
    始まったばかりでまだ右も左も分からないと思いますが、皆で後継者経営を広め倒産が少なくなればいいと思う。

30代会社員男性

  • Q1何故リーダー育成プログラムを受講しようと思いましたか?
    企業経営にたずさわることにより地元熊本に価値あるものを提供し役に立ちたいと思ったため。
  • Q2プログラムを受講して思考や行動がどのように変化しましたか?
    経営者マインドが身に付き視野がとても広くなった。
  • Q3後継者経営についてどのように思いますか?
    経営者になりたいと思っていても自分で事業を立ち上げるのは困難な中で事業承継を行うことで経営者になることができ、人の役に立つことができることに非常に魅力を感じます。

30代公務員男性

  • Q1何故リーダー育成プログラムを受講しようと思いましたか?
    • 〇転職経験がなく、閉鎖的な環境でこれまで過ごしてきたので外の世界のことを知りたいと思った。
    • 〇公務員として限界を感じていたこと。例えば所得。頑張っても頑張らなくても先はみな同じ。しかも頭打ち。
      • ・仕事の特性上、上司の指示で動く場面がほとんどで、主体的に動ける場面が少ない。
      • ・今後、自分より年下の上司の指示でしか動けないのは気分もよくない。
      • ・業績が悪いにも関わらず胡坐をかいて何の手も施してこなかった現状に嫌気がさしたこと。
    • 〇これまで培ってきたホスピタリティ(おもてなし、人様のお役に立つ)の視点は現職場だけでなく発揮できる場面があるのではないかと?と考え始めていたこと。
  • Q2プログラムを受講して思考や行動がどのように変化しましたか?
    • 〇今までの思考の緩さを思い知らされた。上記の動機を感じていたにも関わらず、情報収集・現状分析の甘さ等、当たり前にやるべきことができていなかった(逆にやらなくてもルーティンの業務に支障はなかった)ことを知ることができた。
    • 〇民間の方の物事のとらえ方、考え方など今まで知り得なかったことを知ることができた。
    • 〇今までの自身の経験、知識、技術が無駄ではなかったことも知ることができた。
    • 〇後継者といっても思っていた以上の覚悟が必要であることを知り、プログラムへの取り組み姿勢が変わった。
    • 〇現在の職場の客観視することができるようになった。
  • Q3後継者経営についてどのように思いますか?
    • 〇府に落とし切れているのかは自信がないが、必要性については概ね理解できており、事業継続と発展のための承継ということについても必要なことであると考えている。
    • 〇後継者ということで、従来の踏襲というイメージで後継者の主体性は発揮できないのかなと思っていた部分もあったが、それだけではないことを学んで後継者としての将来性を感じることができた。
    • 〇後継者として認められるために、知識と覚悟だけでない部分(素質・人間性など)複合的な要素もあり簡単ではないと感じている。